むーの
ヘボ釣り講座
(カワハギ編)



カワハギを釣ってみよう!

 

9月下旬から12月にかけて、防波堤等でサビキ釣りをしていると、小アジの群れに混じって大きいさかなが沖アミのカゴをつつきに来る時があります。
フグとか、そのほか色々来ますが、
頭の上にアンテナみたいなものが付いてる平べったい魚がカワハギ(別名ハゲ)です。
見つけたら、さっそくカワハギ仕掛けにかえましょう。

 

 

竿は、古くなっていらないものを適当に折って作ります。(固くてあまり長くないサオなら何でもいいですよ!)
仕掛けはカワハギ引っ掛け用の針を使います。沖アミを入れるカゴ付きで、釣り道具屋さんで800円〜1200円位で売っています。

 

 

小アジを釣っている時と同じように、沖アミをカゴにつめてたらしているとやっぱり小魚に混じってカワハギがカゴをつつきに来ます。(つつきにくればいいなあ〜)
カゴをつついているときがチャンス!
尾っぽの方に向けて竿を一気に引き上げましょう!

 

 

かわいい、くりくり目のカワハギちゃんをゲット!
薄造りがおすすめよ!
もちろん、肝は生でお召し上がり下さい。

 

トップページへ戻る