東浦 (ひがしうら) 仮屋漁港(かりやぎょこう)
ルート

 岩屋から津名に向かってR28を南に走る。千年一酒造を左折。

エサ屋
 国道28号線を北に車で10分位走ると「かもめ」さんがあります。
駐車場
 スペース有り
トイレ
 なし

大きな漁港で、海を前にして左側と右側に防波堤が有り、両方の間はかなり距離があります。
今回、左側の防波堤ではサビキ釣りの人が数人釣ってらしたので、右側の防波堤で釣ってみました。

2004年 8月24日 

(満潮)22j時46分 (干潮)7時4分 (日出)5時27分 (日入)18時38分

午後4時 
イカがいっぱい泳いでるのを見たよ〜
。」って言う、ジェットスキーを見に行ったNちゃんの言葉に「それどこっ!」とすかさず場所を教えてもらい池釣り専門ののKちゃんを「池も海もルアーを使うからあんまり変わらないよー、教えてあげるから行こうよー」と嘘八百並べて無理矢理誘ってたどりついたのがここ仮屋漁港であった。

早速イカ釣り名人に教えてもらって買ってきたエギ王Qのオレンジを付けてエギングだ。防波堤の内側を手前から遠めに投げてしゃくって行く。

漁港の内側から徐々に外側へエギングして行くと、真ん中あたりでイカが追いかけて来るのが見えた。イカはいた!
防波堤の外側のテトラ側にも、いっぱいいた!
「イカは見て釣る」という名人の言葉は本当だったんだ。

しかし釣れない・・・・・。

餌木を追いかけて来るのだが、飛びつかない・・・・。何故?

午後5時
ルアーの達人のKちゃんも初めてのイカ釣りに四苦八苦しているみたいだ。何せ教えてるのがヘボのむーだけにもっともだろう。うん。(納得すな!)

午後6時 
イカはいる。餌木を追いかけてくる。しかし飛びつかない・・・・。うーん・・・。やっぱり三年間で一枚しか釣れない理由はここにあったんだ!

餌木の扱いがへただったんだ!(三年たってようやく気づくか?)

今まで釣れないのは、イカがいないからだと思っていたよ〜(あほ!)

午後6時30
そうこうしているうちにイカは見えなくなってきた。ちびカワハギちゃん達が興味しんしん、餌木をつつきにくる。
「もっと大きくなったらつつきにおいで〜」

しかたがないので、とりあえず足元で石の苔をつついている小アジを釣ることにした。
7号のさびきで釣ると、入れ食いだ。(これがイカだったらな〜)などとあほなことを思いながら釣っていると、30分ほどで
2〜30匹釣れた。

 

本日の釣果

小アジ・・・・30匹

 

今度は餌木を研究して
必ず釣り上げるぞー!
と心に誓うヘボ釣り師むーであった・・・・。


 

トップページに戻る