洲本(すもと) サントピアマリーナ
ルート

 洲本から由良方面に車で走り、お食事処「分大古田」を左折、つきあたりを左折すると、一文字につきあたります。

エサ屋
 ジャスコ前や、海岸通りにあります。(車で5分位)
駐車場
 スペース有り
トイレ
 サントピア入り口にファミリーマートができました。


の中に作られた埋め立て地で、春先はあぶらめ
秋はあじ・アオリイカ・かわはぎ、冬はグレなど魚影豊富です。
別荘や会社の保養所、 ヨットハーバー、プール、テニスコートなどがあります。

2004年 9月21日

満潮20時46分 干潮5時1分 日出5時47分 日入17時59分

午後6時
思い起こせば4年前のちょうど今頃。この一文字でサビキでアジを釣っていた時、隣で糸の先に変なものをつけて釣っているおっちゃんがいた。
「それ何釣ってんの?」
アオリイカや。」
「えー、何それ?どうやって釣んの?教えて教えて!」
とむりやりおっちゃんから聞き出し、 初めてアオリイカに挑戦したのがここ、サントピアマリーナの一文字だったなあ〜。
(どこのどなたか存知ませんが、いやがりもせず丁寧に教えてくれたおっちゃん、ありがとう。)

あれから4年、長〜い、ながあ〜い、ボウズ街道まっしぐらの旅が待っていたとは夢にも思わんかったなあー・・・・・・。

などと感涙に浸っている場合じゃない。
なんでこんな時間になってしまったかというと、今日は風が強く波が高くて淡路島観光ホテルでも、玉姫殿裏でもアオリイカが釣れなかったのだ。
玉姫殿裏では比較的波もおだやかで、イカ釣り名人とお友達が一杯ずつ釣りあげていた。

観光ホテルで出会ったイカ釣り名人が、波の高い日は岩の裏の方を狙えと教えてくれたので、ここにも大きな岩があったのを思いだし、来てみたのであった。

いつもはイカ釣りの人達でにぎわっているのだが、今日はサビキ釣りの人が二人位釣っているだけだ。

「しめしめ、絶好のポイントが独り占めだぞ。」

根掛かりが怖いので、まずはピンクの2.0号のエギで岩の間を探ってみる。

「う〜ん、うまくなったもんだ、ちゃんと岩の間に投げれてるじゃん。」
あたりまえの事に今更ながら感動していると、ググッとアタリがくる。

エギを3.0号の赤マーブルに変え、放ってみる。かかった、タバコ2個半くらいのアオリイカだ。

さあ、今からだ!と思ってかまえると、やっぱり雨が降ってきた。

「暗くなってきたし、帰るかな・・・・・。」

思い入れ深い場所のわりにはいつものようにあっさりと引き上げるむーであった。(やる気あんのかー!?)
(だって、寒いし、暗いんだもんー。)

 

本日の釣果
アオリイカ1杯

注:ゴミではありません、アオリイカです。


トップページに戻る