〜アオリイカを求めて〜 真冬の南紀ヘボ釣り紀行(2005年1月31日〜2月3日)
番外編  白浜 shirahama

1月31日 午後4時 白浜に到着

さっそくアオリイカのポイントだと聞いた千畳敷に行ってみる。
・・・が、寒波到来のせいか、すごい風が吹き込んでいる。
「う〜ん、今千畳敷のポイントに降りたら100%波にさらわれるなあ〜。」 ・・・・断念。

あちこちの防波堤を回ってみるが、どこも波が高くて釣れそうもない。
しかたがないので比較的波がおだやかだった旧フェリー乗り場跡でエギングしてみる。
小魚の影すら見えない。
底を探ってみるが、根掛かりもなく、餌木にべっとりとのりのようなものが付いてくる。
他に波がおだやかなところもないので二時間ほど投げてみたが、あたりどころか影さえ見られず。
「今日はあきらめるか〜。あったかい温泉に入りにいこうーっと!」
途中に寄ったコンビニで釣り新聞を買う。

なんとこの寒さの中アオリイカを釣りに行く物好きは、むーくらいだと思っていたら串本でアオリイカ釣り大会を開催していた。
しかも二キロの大物を釣り上げている写真付きだ。

「よーし、明日は一直線に串本をめざすぞおー!」

1日目 やっぱりボウズでしたあ〜 (ToT)


 

 

 

トップページに戻る